オイリー肌改善Lab(ラボ)

危険すぎる。「重曹パック」は絶対NGで効果なし!敏感肌はやめて!

 

 

うわ、鼻や頬の毛穴が角栓だらけで気持ち悪い。。なんとかしたいな。そうだ、話題の重曹パックをやってみよう。これで美肌になるぞ!


 

ちょっと待ってください。重曹パックはまったくおすすめできません。止めておいた方が良いです。とくに敏感肌の人は。


 

この記事でわかること!

  • 重曹の種類と性質について
  • 重曹パックのやり方
  • 重曹パックが絶対NGな理由(経験談)
  • 重曹パックの医学的効果

 

この記事は私の経験談から、重曹パックをおすすめできない理由・デメリットを解説していきます。

 

 

 

重曹の種類と性質

 

まず重曹には以下の3種類があります。

 

  • 食用:パックに使える
  • 薬用:パックに使える
  • 工業用:パックに使えない

 

重曹パックとは基本的に食用重曹か薬用重曹を使います。工業用は危険なので使用しません。

 

以下に重曹の性質を記載します。

 

化学名:炭酸水素ナトリウム

化学式:NaHCO3
特徴:

  • 水溶液はpH8.2(2%、20℃)のごく弱いアルカリ性
  • 人体に無害な物質
  • 粒子が細かく、水に溶けにくい性質がある
  • 加熱すると分解して炭酸ガスを発生
  • 常温では安定しており、長期保存可能
  • タンパク質の分解作用あり

(参考:重曹とは:石鹸百科)

 

重曹パックの方法

 

重曹パックのやり方は簡単でした。以下にパックの方法を記載します。

 

  1. ホットタオルで顔を温めておく
  2. 重曹大さじ2にペースト状になるまで水を加える
  3. 顔に塗って10分くらい待つ
  4. よく洗い流す

 

もう少し深掘りして解説していきます。

 

1.ホットタオルで顔を温めておく

 

重曹パックをやる前に、まずはホットタオルなどで顔を温めておきます。これにより毛穴を開きやすくします。

 

ホットタオルで毛穴が開かない人は、入浴時の方が開くかもしれません。

 

2.重曹大さじ2にペースト状になるまで水を加える

 

私が使ったのは以下の食用重曹です。

 

 

重曹は白色で粉末になっています。以下は容器に入れた状態です。

 

 

この重曹大さじ2くらいの量に、水を加えていきます。加える量は、重曹がペースト状になるまでです。肌に塗った場合に流れ落ちない程度の硬さをキープします。

 

水を加えた状態が以下の写真です。わかりにくいかもですが、一応ペースト状になっています。

 

 

3.顔に塗って10分くらい待つ

 

ペースト状になった重曹を顔に塗って、そのまま10分くらい放置します。

 

顔ではありませんが、手の甲に塗ってみた様子です。

 

 

4.よく洗い流す

 

最後にぬるま湯で優しく洗い流します。洗い流しが足りないと後でヒリヒリするので、しっかりシャワーなどで落とします。

 

重曹パックで注意していたこと
私が重曹パックをやったときに注意していたことです。
重曹はペースト状とはいえ、顔に塗って10分近くもキープしておくと、さすがに垂れてきます。すると、目の中、口の中に流れてくることもあります。目は充血するし、口の中はしょっぱいので、かなり苦労しました。なので、目の周り、口の周りに塗るときは気を付けていました。

 

ネットで語られる重曹ケアのメリット

 

ネットで重曹パックのメリットを調べると、おおよそ次の内容が書かれています。

 

  • 弱アルカリ性なので、お肌に優しい
  • 古い角質を除去できるピーリング効果があるのでツルツルに

 

この情報を鵜呑みにして、私も重曹パックにチャレンジしました。私の狙いは毛穴の角栓除去でした。

 

角栓の主成分はタンパク質なので、タンパク質を分解できる重曹なら角栓除去できるのでは?と希望を抱いたわけです。そして重曹パックを実際にやってみた感想が次です。

 

激痛で10分も我慢できん!「敏感肌」に重曹パックはNGです

 

重曹パックの時間は10分程度とされているのですが、私はあまりの激痛に10分も我慢できず、だいたい7分くらいで洗い流してしまいました。

 

ちょうど風呂の中でパックしていたので、急いでシャワーを顔にかけることができました。以下はそのときの様子。

 

  • 0分目:よし、重曹パックやるぞ!!
  • 5分目:うん?なんかちょっとピリピリするな。効いてる証拠かな?
  • 7分目:やばい、これは痛いわ。もう無理!

 

シャワーかけた後の顔は真っ赤になっており、風呂から出て急いで保湿しましたが、ヒリヒリが消えるまでに数時間かかりました。。

 

ちなみに重曹パックをやったときの私の肌状況は次の感じです。

 

  • 敏感肌
  • 顔中にテカリあり、毛穴、角栓あり
  • たまに剥がすパックをやる程度(今は中止)
  • Tゾーンは赤くなっていることが多い

 

結論として、敏感肌の人は重曹パックをやらない方がいいと思います。たとえ1週間に1回でもこんな痛い思いはしたくありません。

 

【結論】重曹パックの効果は期待できません【角栓はとれない】

 

私は重曹パックは全部で2回挑戦しました。週に2回のペースです。

 

重曹パックをやった直後は確かに肌がツルツルになりました。マジかよ!!と喜ばずにはいられませんでしたね。

 

ですがそれもつかの間、鏡をよく見てみると、「あれ、、毛穴の奥の角栓とれてなくない?」となっていました。

 

たしかに肌表面に飛び出した角栓は削れていたのですが、毛穴内部の角栓まではとれていなかったのです。ちょうどイラストで表すと下のような感じでした。

 

 

これじゃ、明日になればまた顔中から角栓が飛び出しますよね。

 

つまり、角栓除去を目的に重曹パックをやる人はやめておいた方がいいです。たぶん私と同じで効果ないので。

 

重曹パック(重曹洗顔)は医学的にどうなの?

 

重曹パックや洗顔について調べていたところ、次のような記事を発見したので一部引用します。

 

重曹パックは医学的に有効かどうか説明されています。

 

「重曹を使った洗顔やパックは医学的に有効?」という質問に対して、

 

結論からいうと、ピーリング効果を得たいのであれば、やはりスキンケア用に作られたケミカルピーリング剤を使用するほうが安全だと考えられます。重曹自体は、食品にも使われるような安全性の高い物質です。また、前述したように弱アルカリ性の物質であることから、ピーリング効果も少しは期待できるかもしれません。しかし、食用の重曹などは粒子が大きく、皮膚に必要以上の摩擦を与える可能性が考えられます。摩擦という物理刺激は、皮膚の慢性的な炎症を引き起こし、色素沈着の原因となる場合があるのです。

ネットの情報には、「ある人の肌には、たまたま一時的に合っていただけ」といった情報も混ざっている可能性があります。鵜呑みにせず、慎重によく考えるようにしましょう。スキンケア目的で作られていない重曹を、洗顔やパックで使用するより、スキンケア用に作られたケミカルピーリング剤を使用する方が、医学的な面からも安全といえるでしょう。

(出典:スキンケア大学-東京警察病院 医師 澤田彰史先生)

 

重曹パックは巷で話題になったわけですが、実際に医師の方も上記のように言われています。私もネットの情報を鵜呑みにしてやってみたわけですが、肌を傷めるという結果に終わりました。

 

【怖くない?】重曹はタンパク質を分解する⇒人の皮膚もタンパク質です

 

重曹はタンパク質を分解する性質があるそうです。分解する力はそこまで強いわけではありませんが。。

 

ちなみに、人の皮膚自体もタンパク質で構成されています。(参考:カラダを構成するタンパク質)

 

つまり、角栓とか汚れだけ分解してくれればありがたいのですが、皮膚そのものを分解してしまう可能性もゼロではありません。

 

私はこの事実を知って、パックをやった後になって怖くなりましたね。

 

そもそも重曹パック自体が危険な行為

 

ネットで出回っている情報を見ると、だいたい次のように書かれています。

 

  • パックをやっていて痛くなったら流しましょう
  • 週に1〜2回にしておきましょう
  • 工業用は危険なので食用・薬用にしましょう
  • 肌が荒れていない、肌トラブルを抱えていないときにやりましょう

 

こんな感じでずいぶんと制限があるのです。そこまでして危険な橋を渡るくらいなら、ぶっちゃけやらない方がましなのでは?と思ってしまいます。

 

しかも上から4つ目、「肌トラブルをかかえていないときにやりましょう!」ってやつ。。いったいどんな肌状態の人が重曹パックをやりたいと考えるのでしょうか。

 

毛穴の開き、角栓ぎっしりで色々なスキンケア試す中で肌トラブルを抱えた人が多いのでは?私のように。

 

肌トラブル抱えていない健康的な肌の人なら、重曹パックなんかやる必要ないのでは?と思いますね。

 

 

もう矛盾してますよね。勧めはするけど、責任持てないから、健康な肌のときにやってね!と言いたいようにしか思えません。健康なら最初から重曹パックなんてやらねーよ!です。


 

あと、人によりますが、必ず次のような人が現れます。

 

  • 痛いけど効果を実感したいから長時間やる人
  • 毎日角栓がたまるので頻繁にパックする人
  • よく見ないで工業用重曹を買ってしまう人

 

重曹パックのルールが仮にあっても、つい綺麗になりたいという欲が出てしまい、ルールをちょっと守らなくても大丈夫!と考えてしまう人です。人間なので、当然こんな考え方をする人もいます。

 

だからといって、重曹パックで肌トラブルが悪化したとしても、誰も責任はとってくれません。すべて自己責任なので、そこはよく考えてみてくださいね。おすすめはしませんが。

 

まとめ

 

敏感肌、とくに肌トラブルを抱えた人は絶対に重曹パックはやらない方がいい、、というテーマでお話ししてきました。実際に私がやってみて、私の肌は悲鳴を上げました。本当に痛かったです。肌が健康で何の問題もない人なら痛くはないかもですが、重曹パックにたどり着く人って、たぶん肌トラブルで悩んでいる人だと思います。なので、どうしても試してみたい人は、よーく考えてからにしてください。

 

 

美肌への近道!スキンケアメニュー

サンプルサイト

自分の肌を実験台に色々なスキンケアを検証しました!結果と効果をご報告します。

サンプルサイト

最終的にオイリー肌(テカリ)改善に効果のあったスキンケアをご紹介します!

サンプルサイト

これやったら最後。肌を傷める絶対NGなスキンケアをご紹介します。

サンプルサイト

美肌を目指すなら知っておくべき、スキンケアの基礎知識を解説します。

page top